ぎっくり腰 原因 症状 | 神戸市東灘区御影で口コミ上位の整骨院KAI〜御影院〜(鍼灸整体院)

ぎっくり腰 原因 症状

2021/06/18 | カテゴリー:スタッフブログ

こんにちは、鍼灸整骨院KAIです。

コロナ渦で自粛生活が続く中で座っている時間が多くなったという方も多いのではないでしょうか?

長時間の座りっぱなしで負担がかかってくるのは『腰』です。長時間の座位は椎間関節に大きく負担をかけます。その状態が続けば腰の筋肉の緊張状態も続き『ぎっくり腰』に移行してしまうことも多くあります。

 

今回は最近来院される方に多いぎっくり腰について説明します。

 

ぎっくり腰とは

正式名称を腰椎捻挫、腰部椎間関節捻挫と言います。腰に過度な負担がかかり続け筋肉や関節が疲労すると筋肉が硬くなったり、関節の動きが悪くなったりします。

その状態でも腰に違和感や痛みが出ますが、我慢出来る程度の痛み、違和感の事が多いため、放置してしまう方がほとんどです。また放置しているとある程度症状に慣れてくるため、症状が治ったと勘違いしてしまいます。

何回か症状が出て、治ってが繰り返され、疲労が一定量を超えてしまうとぎっくり腰になってしまいます。

正式名称にある通り捻挫の分類になる為、怪我と同様だと考えて頂けると分かりやすいと思います。

症状としては腰部、股関節部の激痛、歩行困難、長時間の座位不能、座位からの立位不能といったものが多く、患者さまは足を引きづりながらか、誰かに手伝ってもらいながら来院されることが多いです。

 

整骨院KAIのぎっくり腰の治療法について

ぎっくり腰の初期はかなり強い熱感、圧痛が見られることが多い為、基本的にはアイシングや腰以外の部分の筋緊張の緩和を行い、腰にかかる負担を減らします。早期に症状の改善を望まれる方は鍼治療が有効です。鍼治療を行うことで腰の筋肉や組織を傷つけることなく、回復力を高めることが出来るため、患者さまの状態に合わせて提案させていただきます。

ある程度、熱感や圧痛が改善されている方には全身のバランス調整や骨盤の歪み、姿勢改善を行い、腰に負担のかからないお身体づくりを行います。

また神戸市東灘区御影にある鍼灸整体院、整骨院KAIは治療と併用してトレーニングを行っております。

腰の状態が改善されてからにはなりますが、姿勢維持筋と言われているインナーマッスルを鍛えることで腰痛の出ないお身体を作り、根本治療を行います。

ぎっくり腰になってしまった方やぎっくり腰になりたくない方はぎっくり腰にならない根本的な腰痛治療を神戸市東灘区御影にある鍼灸整体院、整骨院KAIで一度受けて見て下さい。

 

詳しくは当院のホームページをご覧下さい。

神戸市東灘区御影にある鍼灸整体院、整骨院KAIオフィシャルホームページはこちら

神戸市東灘区御影にある鍼灸整体院、整骨院KAI症状ページ ぎっくり腰治療はこちら

スタッフブログ一覧へ戻る

電話番号

求人情報

最新情報カテゴリーの一覧

骨格・骨盤矯正

産後骨盤矯正

施術メニューの一覧
産前・産後の施術の一覧
腰の痛みの症状一覧
手足の痺れ・痛みの症状一覧
その他のお悩み一覧
スポーツのお悩み一覧
交通事故施術メニューの一覧

交通事故後の施術

最新情報の一覧はこちら

クレジットカード使えます