神戸市東灘区御影で口コミ上位の整骨院KAI〜御影院〜(鍼灸整体院)

2021年1月~コロナウイルス感染予防対策のご案内~

先週より兵庫県にも2度目の緊急事態宣言が発令されました。

コロナウイルス感染予防対策として当院でも新たな取り組みを行っておりますのでご紹介いたします。

当院は去年の11月に【24時間換気システム】を導入致しました。

24時間換気とは?

院内のいたるところに吸気ダクトと排気ダクトを設置し、モーターにより常に空気の吸排気が行われております。

窓を開けた換気をしなくても院内の空気が10分に一度必ず入れ替わる様になっております。

 

検温やアルコール消毒も専用機器を用いて人との接触を極力少なくしております。

 

以下その他の感染予防対策になります。

 

①人が密集しないよう、ご予約を制限し、間隔を空ける様に調整

②施術ベット等、枕、胸当ては使用後に【次亜塩素酸水】にて拭き取り。

③施術に使用するバスタオルはお一人づつ交換させて頂いております。

④スタッフ全員がマスク着用、施術者は毎朝、検温を実施、記録の上、院内掲示致します。

⑤施術者は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒を実施(アルコール消毒)

⑥受付は飛散防止のアクリル板を設置しております。

⑦1日複数回の院内換気の実施

・14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国した方、新型コロナウイルス感染症の患者さんと濃厚な接触があった方は、必ず事前に最寄りの保健所に相談の上、指示を受けてください。

当院のコロナウイルス感染予防対策~最新版~のご案内

神戸市東灘区にある鍼灸整骨院KAIではコロナウイルス感染予防対策として【24時間換気システム】を稼働しております。

【24時間換気システム】とはなにか?

モーターを使い、吸気ダクトと排気ダクトより常に換気を行い、窓を開けた換気をしなくても10分に一度必ず院内の空気が入れ替わる仕組みになっております。

勿論、スタッフは常にマスク着用、アルコール消毒、次亜塩素酸水での院内消毒を行っております。

患者様に安心して通院して頂ける環境作りに努めております。

皆様のご来院お待ちしております。

 

 

肩こりの原因とは?

 

【肩こり】の原因で多いのは、首の後ろから肩、背中にかけて張っている

僧帽筋(そうぼうきん)という幅広い筋肉です。

僧帽筋は、後頭骨および首の骨、背中の骨から起こって、肩甲骨(けんこうこつ)につく筋肉です。

左右合わせると大きなひし形をしていて、カトリック教会の修道会の僧がかぶる頭巾の形に似ていたことから、この名前があります。

 

 

肩こりの原因

冬の寒い日が続くと、身体がこわばるとともに上記の筋肉もこわばります。

寒さによって筋肉の血流が悪くなり、新陳代謝が悪化することで疲労物質がたまって筋肉が硬くなるのです。

それが血管を圧迫することで血液の循環がさらに悪くなったり、末梢神経を傷つけたりして、

こり感や痛みを引き起こします。

肩こりが起こる部位には個人差があり、頭から首のつけ根、首すじ、背中、肩の関節周辺と多種多様です。

症状についても、張った感じ、重たい、こった、痛い感じなどさまざまで、

ひどい場合は、頭痛や吐き気、めまいを伴うこともあります

 

肩こりの改善・予防法

ポイント1

 

筋肉の緊張をやわらげる
肩や首を優しくさする、圧迫するなど適度なマッサージを行なったり、お風呂に入って身体を温めてリラックスしたり、蒸しタオルを当てて肩を温めたりすることなどは、筋肉の血流を改善して緊張をやわらげるのに効果的です。また、医療機関を受診して筋肉の緊張をやわらげる外用薬や内服薬を使うことも有効です。

 

ポイント2

十分な睡眠・栄養をとる
肩こりの予防で最も大切なのは、睡眠時間を十分にとること。肩こりがひどくなると、睡眠の質に悪影響を与える可能性があります。
また、筋肉疲労の回復のため、たんぱく質を多く含む食品(肉、魚、卵、大豆製品など)や、ビタミンB群を含む食品(豚肉、ウナギ、マグロ、玄米など)を食べましょう。

 

ポイント3

同じ姿勢を長く続けない
前かがみの姿勢での長時間のパソコン作業などは、肩こりを引き起こし、さらに症状を悪化させる原因にもなります。同じ姿勢での作業を行なうときは、時々休憩を取り、首を回したり、肩を上下に動かしたりして、頸部の筋肉の緊張をやわらげるようにしましょう。後ほど紹介するストレッチも効果的です。

寒い季節ではありますが、重ね着は避けて、動きやすいゆったりとした服装を心がけてください。そして、適度な運動・スポーツによって気分転換をはかりつつ身体を温め、筋力を強化しましょう。

 

 

肩こりのストレッチ方法

 

肩こり予防のための、手軽にできるストレッチ体操を紹介します。肩甲骨を上下に動かしたり、内側や外側に回転させたりするこれらのストレッチは、僧帽筋の緊張をやわらげるのに効果的です。

 

【自分でできる!簡単肩甲骨はがし】

 

手順

①両手を肩に乗せて肘で大きな円を描くように、前から後ろに回します。これを30秒間行います。

②反対に、肘を後ろから前に回します。これを30秒間行います。

 

【ポイント】

・両手を肩につけて、肩甲骨の動きを意識して回す。

・肘は耳の近くを通るように大きく回す。

 

【肩、首コリ対策ストレッチ】

 

手順

①腕を伸ばし、背中の後ろで手を組む

②肩を後ろへ回す。その後、肩甲骨を寄せる

③腕は床の方へ。胸は天井に向ける

 

【ポイント】

・腕を伸ばした状態で、肩を後ろへ8回回します。僧帽筋の下部をほぐすことを意識して行うようにしましょう

・腕をまっすぐに伸ばしたまま、背中で手を組みます。このとき、両手の手のひらをぴったりと合わせるようにして

・腕は斜め下に引っ張り、視線を45度に上げ、胸を天井に向けます。そこで3回深呼吸。首のシワのケアにもなります

 

 

『いろいろやってみたけど良くならない・自分でするのは手間だ』

 

という方は一度当院で治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

整骨院KAIの【肩こり施術】とは?詳しくはこちら↓↓↓

 

肩こり

神戸市東灘区にある鍼灸整骨院KAIのお盆の診察時間のご案内

8/9(日)~8/16(日)の期間は土日の診察時間で診療しております。

午前診 8時40分~12時30分

午後診 14時30分~17時

 

8/10(祝)も診察しております。

お身体のトラブル、痛み、交通事故にお困りの際はお気軽にご相談下さいませ。

 

整骨院KAI

兵庫県神戸市東灘区御影中町1丁目10−8 栁ビル 1ーA

https://g.co/kgs/nC5JSd

 こんにちは。

神戸市東灘区にある整骨院KAIです。

当院では患者様に安心してご来院頂ける様コロナウイルス感染予防対策に努めております。

 

~当院は8つの感染防止対策を行っております~

①来院患者様に検温をご協力頂いております。37.5度以上の発熱がある場合施術をお断りさせて頂きます。

②人が密集しないよう、ご予約を制限し、間隔を空ける様に調整

③施術ベット等、枕、胸当ては使用後に【次亜塩素酸水】にて拭き取り。

④施術に使用するバスタオルはお一人づつ交換させて頂いております。

⑤スタッフ全員がマスク着用、施術者は毎朝、検温を実施、記録の上、院内掲示致します。

⑥施術者は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒を実施(アルコール消毒)

⑦受付は飛散防止のアクリル板を設置しております。

⑧1日複数回の院内換気の実施

・14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国した方、新型コロナウイルス感染症の患者さんと濃厚な接触があった方は、必ず事前に最寄りの保健所に相談の上、指示を受けてください。

 

<3密対策について>

☆換気の悪い密閉空間(密閉)への対策

☆人が密集する場所(密集)

☆近距離での会話や発声(密接)

ご理解、ご協力のほど宜しくお願い致します。

トップページへ戻る

電話番号

求人情報

骨格・骨盤矯正

産後骨盤矯正

施術メニューの一覧
産前・産後の施術の一覧
腰の痛みの症状一覧
手足の痺れ・痛みの症状一覧
その他のお悩み一覧
スポーツのお悩み一覧
交通事故施術メニューの一覧

交通事故後の施術

最新情報の一覧はこちら

クレジットカード使えます