かかとの痛み・足底筋膜炎

このようなお悩みはありませんか?
かかとの痛み・足底筋膜炎
  1. 朝起きた時の最初の一歩が痛い
  2. 常にかかとに違和感がある
  3. つま先に負荷がかかると痛い
  4. かかとを押すと痛い
  5. 長時間立っていると痛む
  6. 不規則に痛みを繰り返す

かかとはトラブルの起こりやすい場所

立ったり歩いたり走る時に、足裏には全体重や衝撃がかかります。その割合は、かかとに70%、それよりさきの部分に30%が分散してかかります。例えば60㎏の人であれば、ただ立っているだけでひとつのかかとに21㎏もの重量がかかり続けるということになります。

かかとは運動機能としても重要な役割を担っており、足の動きで最も重要ともいえるアキレス腱の端に位置し、ふくらはぎの筋肉にもつながっています。その他にも大きな神経や靭帯を伴い、動きや感覚の為に大切な部位になります。足のバランスを取るうえでも非常に大きな機能を占めています。ここにいろいろな理由で負担がかかる為、さまざまな傷害が発生します。わずかな炎症でも不快な痛みと感じられ、日常生活の妨げとなります。

かかとの痛みを引き起こす様々な種類

●足底筋膜炎(そくていきんまくえん)

足底腱膜

かかとのやや前のあたり、土踏まずに近い位置が痛む場合は足底筋膜炎の可能性があります(土踏まずが痛い場合も多いです)。

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)と呼ぶこともあります。同じ傷害です。足底筋膜とは足底の皮膚の下にある膜状の腱のことで、かかとの大きな骨=踵骨(しゅうこつ)から足指まで繋がっています。本来はたいへん丈夫な腱膜ですが、負担がかかり続けると炎症を起こしやすくなります。

スポーツ選手に多く、特に長距離走やかかとのステップを使うスポーツで目立ちます。長時間の立ち仕事の人やランニングを始めたばかりなのにいきなり長い距離を走ろうとする人にも多い傷害です。

年齢的には40代以降。加齢とともに足底の筋肉が衰え、アーチが落ちてくることも原因と考えられます。扁平足の人も注意してください。

この症状は足底筋膜炎かもしれません

・朝起きた直後の数歩がとても痛い

・長時間座ったあとに、歩き出すと痛む

・かかとの骨の前方内側を押すととても痛いところがある 

などです。

セルフケア方法

・足裏やふくらはぎ膝周辺、太もも等の下半身をよくストレッチし柔軟性を向上させる

・土踏まずをキープするための足裏の運動を行う

・足裏を保護するためにテーピング、よくフィットしたシューズやかかとを保護するクッション、インソールを使用する

足底筋膜炎を放置していると踵骨棘に移行することも多く、注意が必要になります。

踵の痛み

踵骨棘(しょうこつきょく)

踵骨棘

足底筋膜炎が長引くと、筋膜がついている部分が前に引っ張られる時間も長くなっています。そうするとその部分の骨が増長し、まるでトゲのように前に出っ張ってきます。

こうなると激痛を感じるケースがあります。踵骨棘自体は痛みを発生させるわけではなく、足底筋膜炎の程度が重くなっていることの目安となります。

足底筋膜炎の疑いがあれば、軽視せずに早期にお越しいただく事をお勧め致します。

原因の一つに、実は踵骨棘が起こりやすい人は、足をつくときに内側に捩じれてしまう人が多いとのことです。かかとを打ち付けるような歩き方をされている方にも多いものになります。

踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)・シーバー病・セーバー病

スポーツをする小学生くらいのお子さんに多い傷害です。高校生以上でもジャンプ動作の多いスポーツやランニングなどでもかかとに負担がかかり続けると痛みがあらわれます。

子どもの頃はまだ軟骨のように柔らかい骨が多く、踵骨もその一つです。ここに痛みが発生するのが踵骨骨端症です。

数日安静にし、スパイクなど硬い靴を履いた時に痛みを感じるようであれば、クッション性の良いシューズにします。

刺激が加わらないようにしていると徐々に緩和してきますが、使い過ぎによる負担がかかって出ているので早期の受診が必要になります。

神戸市で数少ない、ショックウェーブ施術

ショックウェーブ施術器とは

体外衝撃波という音速を超えて伝わる、圧力波を使ってアプローチを行う方法です。

衝撃波を皮膚の上から幹部に照射する方法で痛みを感じとる自由神経終末という神経を変化させ痛みを緩和させたり、新生血管の再生や組織の再生を促すことで慢性的な痛みを軽減する施術です。【難治性疾患】といわれる症状に有効とされています。

ショックウェーブ
ショックウェーブ

本来は、腎結石や尿管結石の石を粉砕する際に使用されてきた治療法ですが、昨今海外の整形外科では【足底筋膜炎】【五十肩】【石灰沈着性腱板炎】【鵞足炎】といったいわゆる難治性疾患(病院へいっても経過観察等なかなか改善しない症状を指す)へのアプローチに有効とされている日本の整形外科や整骨院ではまだ導入している院が極めて少なく、新しい施術法です。

なぜ効果的なのか?どれくらいで良くなるのか?

<除痛効果としての役割>

1. 痛みを誘発している箇所に照射し自由神経終末という神経を細かく破壊し、痛みを減少させます。

2. 痛みに関わる筋や靭帯など、動きを妨げている部分を細かく破壊し、柔軟性のある組織を再生させる事で痛みを緩和させる。

3.組織が新しく再生されると痛みを誘発することなく良い状態になる。

※効果には個人差がありますが、多くは6~8回ほどの施術で疼痛が60~80%変化すると報告されています。

※施術には痛みを伴う事もありますが、無理がない程度で施術を行っております。

鍼灸整骨院KAIのかかとの痛み再発予防対策

神戸市東灘区御影にある整骨院KAI御影院のかかとの痛みなどに対しての施術は、まず原因の追究から行います。

かかとの痛みを引き起こす本当の原因は足底にはないことがほとんど

人間の体は関節に均等は負荷がかかった状態で運動を行えば関節、筋肉を傷めることはありません。一方、長時間のデスクワークなどで腰回り股関節周りが硬くなってしまっている方は、骨盤回りの動きが悪くなってしまい、足先で歩いたり走ったりするようになってしまいます。連動性がなくなっている状態ですので、足にかかる不可も均一ではない状態になります。それぞれの関節に均一に負荷がかかれば痛みは起こりませんが、連動性が欠落することで負荷が増し、やがて痛みにつながることがあります。この場合、いくら負荷の大きい足底に鍼やマッサージをおこなっても連動性を取り戻さない限り再び痛くなってしまいます。特に体の連動性が欠落してしまう主な原因は脊椎の動きと骨盤の動きが大きな関係があるため、お身体に歪みがある場合はKAI式骨盤調整を施し、構造を改善させます。

痛みが解消した後が大切

症状が改善されてもその先も良い状態を維持していく必要があります。生活習慣の改善も大切ですが、最も大切なのは『筋肉』です。

神戸市東灘区御影鍼灸整体院・整骨院KAIの施術コンセプトである《Body innovation》身体改革に沿ってトレーニングしていくことで、良い状態を維持することができ、再発を予防することができます。

KAI式体幹トレーニングについて詳しくはコチラ

痛みの緩和に有用的な鍼灸

鍼施術

痛みがかなりきつい場合は鍼灸施術も有効的です

かかとの痛みがきついときは炎症が強く起きてる可能性が高く、炎症が長く続くと骨膜炎に移行し、骨膜炎まで波及すると施術の期間も長引いてしまうことがあります。このかかとの腱膜が付着する部分へピンポイントで鍼施術をしていき、腱または骨膜の消炎・鎮痛をおこないます。

KAI式体幹トレーニング
整骨KAI御影院 院長 池田祐介

執筆者:柔道整復師 整骨KAI御影院 院長 池田祐介

最高のホスピタリティを提供する事、施術を受けられた方に驚きと感動を与え続けることを常に心がけております。

詳しくはこちら