腰椎椎間板ヘルニア

このようなお悩みはありませんか?
ヘルニア
  1. 慢性的な腰痛がある
  2. 足に痺れがある
  3. 腰からお尻が痛む
  4. 腰に鋭い痛みが走る時がある
  5. 整形でヘルニアと診断された

椎間板腰椎ヘルニアとは

腰椎ヘルニア

まずヘルニアについて説明します。ヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。

外に飛び出した組織が神経が圧迫されることにより腰痛、脚の痛みやしびれ、ひどい場合には感覚が無くなってしまったり、足が動かせなくなってしまう事もあります。背骨は頚椎・胸椎・腰椎に分けられ、その全てに椎間板が存在しますが、構造的に負担がかかりやすい頚椎と腰椎に好発します。20~40歳代のどちらかと言えば男性に多く、整形外科では非常にポピュラーな病気と言えます。

ヘルニアになる原因は?

椎間板ヘルニアの主な原因は椎間板への強い圧力です。椎間板は、髄核と呼ばれる軟らかい組織と、それを覆う線維輪と呼ばれる硬い組織でできています。椎間板に大きな負担がかかると線維輪が破綻し、そこから軟らかい髄核が突出してきます。そして突出した髄核が神経に当たると様々な症状引き起こすのです。前述の通り、椎間板への負担が椎間板ヘルニアの主な原因ですが、喫煙や遺伝なども発症に関わると言われています。

椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まります。加齢に伴う椎間板の老化の過程で生じますが、急に重い物を持ち上げる、中腰といった日常の動作、激しいスポーツなどの腰への負担がきっかけとなることが少なくありません。

ヘルニアの診断

椎間板ヘルニアの確定診断はレントゲンではできません。MRIという機械を使って検査します。

MRIとは磁力を利用して身体の中を調べる検査で、神経や筋肉など軟らかい組織を鮮明に写し出すため、椎間板ヘルニアの検査には必須と言えます。他にも状態に応じてCT検査や、造影剤を注射する検査なども行われることがあります

整骨院ではレントゲン検査、MRI検査はできませんので、疑いがある場合は整形外科を紹介させて頂きます。

鍼灸整骨院KAIのヘルニア治療

神戸市東灘区にある鍼灸整骨院KAI御影院では椎間板腰椎ヘルニアに対しての専門的な施術を行っております。

ヘルニアは重度の症状でなければ改善できる症状です。どこに行っても治らず、病院で手術しかないと言われた方、一度、神戸市東灘区御影鍼灸整体院・整骨院KAIにご相談下さい。

整骨院KAI式 【筋肉調整】

当院独自の特殊な技術を用い、効率よく筋肉の緊張を取り除く事ができます。

整骨院KAI式 【背骨・骨盤矯正】

トムソンベットといわれる、骨盤や背骨を調整できる専用ベットを用い、お身体に負担をかける事無く、安全に矯正が可能です。決してボキボキする様な事はいたしません。肩こり症状を引き起こす原因を安心・安全に施術致します。

  鍼灸治療  

髪の毛より細い鍼を用い、【肩こり】の原因の固まってしまった筋緊張を緩和させます。鍼は怖いというイメージをお持ちの方は多いですが、注射針の10分の1程の細さしかありません。鍼も滅菌処理された使い捨ての鍼を使用しておりますので感染のリスクもありませんので安心して施術を受けて頂けます。

針治療

 ハイボルテージ治療 

瞬間的に高電圧の電流を流す事により、深部の筋肉に痛みを感じる事無く到達させる事が可能で、肩こりに関係する広範囲の筋肉の筋緊張を緩和させ、痛みの元を即効ブロックさせる事ができる、最新鋭の医療機器です。