脊柱管狭窄症

このようなお悩みはありませんか?
坐骨神経痛
  1. 腰に痛があり足がしびれている
  2. 足の両側がしびれている
  3. お尻の周りが痛む
  4. 歩いているとしびれがきつくなる
  5. 前かがみになるとしびれや痛みが楽になる

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄

腰部脊柱管狭窄症は、腰の部分の椎骨の脊柱管が狭くなり、その中を通る神経が圧迫されて、腰痛だけでなく下半身のしびれや痛みなどが起こる病気です。原因は、加齢によって椎骨が変形したり、脊柱管の後ろ側にあるじん帯が厚くなったりすることです。早い人では40代後半から発症し、年をとるにつれて発症頻度が高くなります

脊柱管狭窄は、筋肉、骨、関節などの運動機能が障害され、立つ、歩くといった機能が低下するロコモティブ・シンドロームの1つです。日常生活が不自由になるだけではなく、進行すると介護が必要となる危険性が高まります。

脊柱管狭窄症の症状とは

間欠性跛行

腰部脊柱管狭窄症で必ず現れる症状が、足のしびれや痛みで、太ももからふくらはぎやすねにかけて起こります。腰痛は必ず起こるわけではありません。

特徴的な症状としては間欠性跛行という歩き方になります。この歩き方は、歩いているうちに足のしびれや痛みが強くなって歩けなくなり、前かがみになって少し休むと楽になって、また歩けるようになる……といった症状を繰り返します。これを間欠性跛行といいます。しばらくまっすぐ立っているだけで、しびれや痛みが起こることもあります。

脊柱管狭窄症のタイプ

脊柱管狭窄症のタイプは2つに分けられます。

1つは神経根型。もう1つは馬尾神経型です。

馬尾神経は、脊柱管を通る神経の束で、馬尾から分かれた神経は、左右の足に伸びています。そのため、馬尾が圧迫されると両足にしびれが起こります。また、馬尾は膀胱の機能を調節しているため、進行すると排尿障害が現れたり、寝たきりになったりする可能性もあります。

馬尾神経型は進行する場合が多く、悪化した場合は整形外科的な処置が必要な場合があります。

神戸市東灘区にある整骨院KAI御影院の治療法とは

神戸市東灘区御影鍼灸整体院・整骨院KAIでは脊柱管狭窄症に対しての積極的な施術を行っております。

脊柱管狭窄症は重度の症状でなければ改善が見込める症状です。どこに行っても治らず、病院で手術しかないと言われた方、一度、神戸市東灘区御影にある整骨院KAI御影院にご相談下さい。

整骨院KAI式 【筋肉調整】

当院独自の特殊な技術を用い、効率よく筋肉の緊張を取り除く事ができます。

脊柱管狭窄症施術

整骨院KAI式 【背骨・骨盤矯正】

トムソンベットといわれる、骨盤や背骨を調整できる専用ベットを用い、お身体に負担をかける事無く、安全に矯正が可能です。決してボキボキする様な事はいたしません。脊柱管狭窄症を引き起こす原因の歪みにアプローチ致します。

脊柱管狭窄症施術②

  鍼灸治療  

髪の毛より細い鍼を用い、症状の原因である腰や骨盤周りの筋緊張を緩和させます。鍼は怖いというイメージをお持ちの方は多いですが、注射針の10分の1程の細さしかありません。鍼も滅菌処理された使い捨ての鍼を使用しておりますので感染のリスクもありませんので安心して施術を受けて頂けます。

鍼治療

 ハイボルテージ治療 

瞬間的に高電圧の電流を流す事により、深部の筋肉に痛みを感じる事無く到達させる事が可能で、脊柱管狭窄症に関係する腰や骨盤の筋緊張を緩和させ、痛みや痺れの元をブロックさせ、症状の緩和をる事ができる、最新鋭の医療機器です。

ハイボルテージ
ハイボルテージ②