坐骨神経痛(足のしびれ)

このようなお悩みはありませんか?
坐骨神経痛
  1. 腰、お尻、足の痛みがある
  2. 長時間座ると足がしびれる
  3. 足に感覚がない箇所がある
  4. 腰から足にかけて電気が走るような痛みがある
  5. 歩行時、力が入りにくい

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は腰からお尻、足にかけて伸びている坐骨神経が何らかの原因によって圧迫、刺激されることで起こるものです。

腰やお尻、足のピリピリ感、ビリビリ感、刺痛、鈍痛、違和感といったことを訴えられる方が多いです。

特に腰痛や下半身のおもだるさといった筋緊張による慢性的なものと勘違いされやすいです

また度合いも軽い、重だるさから激痛で動けなくなる方まで身体の状態によって様々です。

東灘区御影にある鍼灸整体院、整骨院KAIは坐骨神経痛で来院される方が多くいらっしゃいます。整骨院KAIはなぜ多くの方に支持されるのか…

坐骨神経痛になってしまう原因

坐骨神経痛症状を引き起こす原因として下記のものが考えられます。

坐骨神経痛

〇腰椎ヘルニア

腰の背骨の間にある椎間板というクッション材に近いものが飛び出てきてしまい、神経を圧迫してしまいます。

〇脊柱管狭窄症

背骨の中にある脊柱管という脊髄という神経の束が入った管が狭くなってしまい、神経を圧迫してしまう状態です。

〇梨状筋症候群

梨状筋というお尻の筋肉が緊張したり損傷したりすることで坐骨神経を圧迫してしまう疾患です。

これらの他にも変形性腰椎症、カリエス、帯状疱疹、糖尿病etc…といった原因によって起こることもあり、またこれらの原因が無くても起こる方もいます。

それぞれ施術法が異なる為、何が原因で坐骨神経痛症状が出ているのかをしっかりと鑑別し施術する事が大切です

また上記疾患以外で腰やお腹の筋肉が低下し身体の状態の維持ができなくなったり、バランスが取れなくなることも坐骨神経痛を引き起こしてしまう重要な原因の一つです。

腰や腹筋のインナーマッスルが低下するとインナーマッスルの支えている上半身の負荷が神経、ヘルニア、脊柱管などにかかり、増悪させてしまうことがあります。

実は坐骨神経痛の方の多くは原因の疾患と筋力低下を併発している場合が多く、疾患の施術だけ行っても状態があまり軽減しません。

そのため坐骨神経痛の根本改善には原因の除去と筋力トレーニングが必要です。

整骨院KAI式、坐骨神経痛の根本治療

坐骨神経痛根本治療

東灘区にある、整骨院KAIでは

①坐骨神経痛症状が出ている原因を徹底的に検査して、原因を突き止めます。

②原因を除去するための施術(筋肉調整、背骨・骨盤矯正、鍼灸施術、ハイボルテージ療法)を行い、状態の早期軽減を目指します。

③患者様のお身体の筋肉量増加、筋促通上昇を行い、坐骨神経に負担のかからないお身体作りを行います。

他の整骨院では①②の部分までしか行わない為、一時的な症状の軽減のみで後に坐骨神経症状が再発リスクが高くなります。

整骨院KAIでは①②は勿論、③を特に重要視し、患者様に提供しております。

坐骨神経痛等で来られた方には背骨や骨盤を支える時に必要なインナーマッスルトレーニングをお勧めしております。腰や腹筋、お尻の筋肉強化で骨盤や骨で身体を支え坐骨神経に負担がかからない様にしていきます。ヘルニアや脊柱管狭窄症の方もインナーマッスルを強化する事で、不調が出ないお身体を作りを目指して頂きます。

整骨院KAIのインナーマッスルトレーニングは2種類ご案内しております。

red cord 体幹トレーニング

現在、デイサービスや病院施設のリハビリ目的で使用されたり、アスリートのトレーニングで使用されたりと幅広く取り入れられている今話題のトレーニング機器です。身体の一部分を赤いロープで吊るしたり手で掴まる事により、不安定な状態を作り出しながら運動をする事により、効率よく身体の体幹を鍛える事が出来ます。マンツーマンでトレーニングを行いますので正しい姿勢で効率よくトレーニングを受けて頂くことが出来ます。負荷量も自由自在ですので患者様の筋肉量に合わせたトレーニングを行います。坐骨神経痛の方は特に腹横筋や腸腰筋、中殿筋の筋力が低下している可能性が高いためその部分をメインに強化していきます。

体幹トレーニング

EMSトレーニング【コアレ】

体幹の筋肉を寝たまま鍛えることが出来る最新トレーニング機器です。深部のインナーマッスルを特殊な電気で動かし、筋収縮を引き起こします。インナーマッスルが活性化すると筋肉や骨、関節の動きがなめらかになり安定する為、コアレトレーニングを行うだけで坐骨神経の状態が解消する方もいます。寝たまま受けられるトレーニングですので痛みがきつい方でも受ける事が可能です。

筋肉をつけて肩こり解消
EMSで筋トレ

坐骨神経痛症状には鍼灸施術も有効的です!!

鍼灸治療

鍼施術は鍼を刺したときに奥からくるトーンという刺激を与えることで様々な痛みに対して有効的な施術法です。

坐骨神経痛の場合はまず、関連のある筋肉を調整し、負担を減らした後に鍼による施術を行います。神経が過敏になっている状態を正常に戻したり、神経痛の原因を深部までアプローチする事によって痛みを改善していきます。

東灘区整骨院KAIの鍼灸施術はトリガーポイントを中心とした施術です。トリガーポイントは発痛点ともいい筋肉や痛みが最も強い場所の事を言います。このトリガーポイントは現在痛みが出ている部分だけ施術するのではなく痛みの出ている原因に施術をする為、根本的に施術をすることが出来ます。

実は怖い坐骨神経痛

坐骨神経痛は若い方から高齢の方まで多くの方が悩まれていまです。軽い方は少し気になる違和感程度なので我慢すれば日常生活を送ることは問題ありません。

しかし、坐骨神経痛は放置せず早めに施術をする事を強くお勧めします!!

なぜなら神経痛は初期段階では違和感、張り感ですが時間が経つと徐々に悪化する傾向にあるからです。

かなり状態が悪くなると筋力低下が起こり、歩行困難になり身体の状態が悪化しやすいお身体になってしまいます

Q&A このような疑問をお持ちではありませんか?

Q.整形外科との違いは何ですか?

A.整形外科は身体の診断を行って頂く病院になります、CTやMRIで骨や関節に異常がないか確認し、治療法としては投薬療法や痛み止め、神経ブロック注射が主になります。

痛み止めはその場の症状を緩和させる目的で用いられる為、原因を治すものではありません。このような治療を対症療法といいます。

チェックポイント

東灘区整骨院KAIでは上記に挙げた施術法で坐骨神経痛の原因の除去や筋肉強化による坐骨神経への負担軽減によって根本的に改善を行う根本施術を行います。

Q.ヘルニアから来る坐骨神経痛と言われたけど、施術は出来ますか?

A.可能です。ヘルニア施術を受けていて変化が見られず長い間悩まれていた方も多く来院されております。その多くの方が改善へ向かっております。患者様に合った施術を提供しますのでお気軽にお越しください。