シンスプリント

このようなお悩みはありませんか?
シンスプリント
  1. 運動をしていると足の脛が痛い
  2. 足で地面をける時に痛い
  3. 足の脛の内側を押さえると激痛が走る
  4. サッカーや陸上競技といったスポーツをやっている
  5. 整形外科では湿布や電気といった治療のみだった

シンスプリントとは

正式名称を脛骨過労性骨膜炎といい、陸上やサッカー、バスケットといった長時間走る事の多いスポーツをしている中学生、高校生に多くみられるスポーツ障害です。

症状としては

「足で地面を蹴ると痛い」

「足の脛の部分に激痛が走る」

「動いた後しばらくズキズキする」

といったものが多く、重症な例では競技の練習を一定期間中止しないと改善しないものもあります。

シンスプリントになる原因とは?

シンスプリントになる原因

私たちが日常歩く時にはつま先をあげる、地面を蹴るといった動作が必ず行われています。足で地面を蹴る時には後脛骨筋やヒラメ筋、長趾屈筋といった筋肉を使用し、これらの筋肉が上手に機能する事で前に進むことが出来ます。

筋肉には個人差があり、それぞれの持久力が存在する為、長時間にわたり走る事の多いスポーツ(陸上やサッカー、バスケットボールなど)を続けていると、足の筋肉に疲労が蓄積します。

疲労した筋肉は柔軟性が無くなり、地面を蹴る筋肉の付着部である脛骨の内側縁部に負担がかかります。成人であれば骨がしっかりとできているため、骨にある程度の負担がかかっても大丈夫な事が多いのですが、まだ骨が出来上がっていない中学生や高校生だと脛骨内側縁部分に炎症が起きてしまいます。これがシンスプリントになってしまう原因です。

通常炎症部分は少ない事が多いのですが、炎症部分が大きい場合や長期間炎症が続く場合は患部の【剥離骨折】を引き起こすリスクが高まる為、注意が必要です

神戸市で数少ない、ショックウェーブ施術☆

ショックウェーブとは?

シンスプリント ショックウェーブ

体外衝撃波という音速を超えて伝わる、圧力波を使ってアプローチを行う方法です。

衝撃波を皮膚の上から幹部に照射する方法で痛みを感じとる自由神経終末という神経を変化させたり、新生血管の再生や組織の再生を促すことで慢性的な痛みを軽減する施術です。【難治性疾患】といわれるものに有効とされています。

シンスプリント ショックウェーブ②

本来は、腎結石や尿管結石の石を粉砕する際に使用されてきた治療法ですが、昨今海外の整形外科では【シンスプリント】【足底筋膜炎】【五十肩】【石灰沈着性腱板炎】【鵞足炎】といったいわゆる難治性疾患(病院へいっても経過観察等なかなか改善しない症状を指す)へのアプローチに有効とされている日本の整形外科や整骨院ではまだ導入している院が極めて少なく、新しい施術法です。

なぜ効果的なのか?どれくらいで良くなるのか?

<除痛効果としての役割>

1. 痛みを誘発している箇所に照射し自由神経終末という神経を細かく破壊し、除痛効果が期待できます。

2. 痛みに関わる筋や靭帯など、動きを妨げている部分を細かく破壊し、柔軟性のある組織を再生させる事で痛みを緩和させる。

3.組織が新しく再生されると痛みを誘発することなく良い状態になる。

※効果には個人差がありますが、多くは6~8回ほどの施術で疼痛が60~80%変化すると報告されています。

※施術には痛みを伴う事もありますが、無理がない程度で施術を行っております。

神戸市東灘区御影にある鍼灸整体院、整骨院KAIの治療法

神戸市東灘区御影にある鍼灸整体院、整骨院KAIはスポーツ外傷、シンスプリントで来院される方が数多くおられます。

なぜ当院が選ばれるのか、それは整骨院KAIの施術コンセプトにあります。

整骨院KAIのコンセプト

①原因追及・・・なぜ足の痛みがでているのか、シンスプリントになってしまったのかを視診、触診を行い、見極めます。その後、患者様のお身体がどうなっているのかを説明し、施術計画を立てます。

シンスプリント 根本施術

②構造改善・・・①原因追及で明確になった症状の原因を改善するために患者様に一番合った施術を提供致します。当院では手技療法や鍼施術、ハイボルテージ施術、筋膜リリース療法、ショックウェーブ施術など数多くの施術法を取り揃えており、患者様に合わせて施術法を変えています。

鍼灸治療 シンスプリント
シンスプリント ハイボルテージ
シンスプリント ショックウェーブ④
シンスプリント ショックウェーブ⑤

③body innovation(身体改革)・・・これは整骨院KAI独自の考え方で、足を蹴り出す筋肉の負担を減らせるように身体の深い筋肉(インナーマッスル)を強化する事でシンスプリントの再発を防ぐというものです。特にシンスプリントの患者様は内転筋や大腿部の筋肉がしっかりと機能していない場合が多いです。その部分を強化し、根本施術を行っていきます。

体幹トレーニング

シンスプリントの整形外科での対応について

シンスプリントの対応について

シンスプリントになって整形外科に行ってから整骨院KAIに転院される方も多く、いらっしゃいます。多くの方は「湿布しかくれなかった」「骨には異常がないと言われた」「長期間通っているけれど症状が良くならない」といった話を伺います。

整形外科ではレントゲンを撮りますが、この時にレントゲンに写らない外傷に対してはあまり積極的ではない所が多いです。シンスプリントも重症例になるとレントゲンに移る事もありますが、軽度、中等度のものや受傷直後ではレントゲンに写る事が少ないです。

湿布でも良いですが、シンスプリントの施術を行う際は整骨院で患者さまにあった施術を受ける事をお勧めいたします。

最後に

シンスプリントはならないことが一番ですが、走る事の多いスポーツにはどうしても起こりやすい外傷になります。施術を早期に行う事で競技復帰までの時間か短縮できたり、多くの試合にベストコンディションで臨むことが出来る様になります。

シンスプリントかな?と感じたら一度神戸市東灘区御影にある鍼灸整体院、整骨院KAIにご相談下さいませ。