腰椎すべり症

このようなお悩みはありませんか?
腰椎すべり症
  1. すべり症の診断を受けた
  2. 腰から足の痛みに悩んでいる
  3. 痛みが強くなると痺れが出る
  4. 病院で手術を勧められた
  5. 注射を打っても改善しない
  6. 腰を動かすと痛くて動けない

腰椎すべり症とは

腰椎すべり症

腰椎は合計で5個あり、積み木の様に重なっている構造をしています。この腰椎の一部分が前方に滑り出してしまう事を腰椎すべり症といいます。

腰椎すべり症は大きく分けて2つあり、背骨や腰椎の椎間板などが変性する事によって起こる「変性すべり症」と腰椎分離症に続発して起こる「分離すべり症」とがあります。腰椎の4番目に好発し、レントゲンやMRIなどの画像検査によって診断されます。

症状はどちらも同じで軽度の場合は腰部の痛みを訴えられます。症状が重度になると脊髄神経が圧迫を受け、強い腰痛や坐骨神経痛の症状が出現します

腰椎すべり症になってしまう原因

変性すべり症はまだ原因が明確になっていませんが、加齢による退行変性で腰の周りの靭帯や関節が拘縮したり、組織そのものが別の物に置き換わってしまったりすることで起こると言われています。また腰椎を安定させているインナーマッスルの筋緊張や筋力低下によって腰の安定性が無くなり、腰椎がずれることで起こることもあります。その為、高齢の女性に好発し、一度なってしまうと重症化してしまうことが多いです。

分離すべり症は背骨の1部分の骨折によって分離してしまい、骨にズレが生じておこるものです。こちらは中学生位の過度なスポーツによって起こることが多く、まず腰椎分離症が起こり、筋力が低下した時に分離した骨がずれることで症状が強く出てきます。

この様に腰椎すべり症には2つの種類があり、年齢や性別によって起こりやすさは違いますが、どちらも腰椎を安定させているインナーマッスルが筋緊張や筋力低下してしまうことですべり症になるリスクが高くなってしまいます。

腰痛や腰椎すべり症に関係するインナーマッスル

インナーマッスルとは身体の深部にある筋肉でいわゆる体幹の筋肉のことです

身体の表層にある筋肉(アウターマッスル)は身体を大きく動かす際に働くのに対してインナーマッスルは姿勢や骨盤、背骨を支える際に働きます。

そのため、インナーマッスルは姿勢維持筋とも呼ばれています

腰痛や腰椎すべり症の改善に重要なインナーマッスルは、腸腰筋腹横筋という2つの筋肉です。

腸腰筋・・・上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉です。腸骨筋と大腰筋と小腰筋の3つの筋肉から構成されます。腸腰筋が発達していると良い姿勢を維持する事が出来ます。この筋肉が緊張し硬くなったり、筋力低下が起こった場合は良い姿勢を維持できない為、腰に強い負担がかかる様になってしまいます。

腸腰筋、大腰筋、腸骨筋

腹横筋・・・天然のコルセットと言われており、骨盤の周りをコルセットの様に覆っている筋肉です。腹横筋が発達していると腰や骨盤周りが安定し、コルセットの役割をしてくれる為、腰痛予防になります。この筋肉の緊張や筋力低下が起こると腰の安定性がなくなり、腰にかかる負担が強くなります。

腹横筋
腹横筋

この様にインナーマッスルの筋緊張や筋力低下によって腰痛やすべり症の症状が出やすくなってしまいます。

腰痛や腰椎すべり症の予防、治療の為には根本的な原因を改善する必要があります。腰の部分の筋緊張を緩和させることも大切ですが、インナーマッスルの状態を良くする事も重要です。

神戸市東灘区にある整骨院KAI御影院の腰椎すべり症治療

神戸市東灘区御影にある鍼灸整体院、整骨院KAIは腰椎すべり症の患者様が多数来院され、多くの方からご支持を頂いております。

その理由は鍼灸整体院、整骨院KAIの治療コンセプトにあります。

KAI根本施術

①原因追及・・東灘区にある整骨院KAI御影院では問診、検査に力を入れております。問診、検査で腰椎すべり症が起きてしまった原因を徹底的に追及し、症状を引き起こす根本の原因を突き止めます。

腰椎すべり症カウンセリング

②構造改善・・症状の原因である筋バランスや関節の歪みを当、整骨院独自の調整法で整えていきます。

腰椎すべり症の状態にもよりますが、背骨・骨盤矯正や鍼灸治療が有効です。当院の治療は腰椎すべり症の症状に有効な治療機器も完備しており、皆さま治療後、効果を実感して頂いております。

腰椎すべり施術

③Body innovation(身体改善)

コアレとレッドコードトレーニング

当、整骨院独自の考え方で、腰椎すべり症の原因になっている筋 インナーマッスル(腸腰筋、腹横筋)をトレーニングによって強化、活性化することで症状の改善、再発を防ぎます。

整骨院KAIではEMSトレーニング、red cordトレーニングを駆使し、症状改善、再発予防を提供致します。

EMSトレーニングは電気の力でインナーマッスルに刺激を加え、筋肉の活性化、強化を行うトレーニング方法です。ベットに寝た状態でトレーニングができる為、痛みや痺れがきつい方でもインナーマッスルトレーニングができます。

red cordトレーニングはノルウェーで開発された医療トレーニング機器です。天井から吊り下げられたロープに身体に一部を固定し、不安定な状態を作り出します。不安定な状態を安定させようとする際にインナーマッスルを強く使う事ができ、効率よくインナーマッスルを鍛えることが出来ます。

最近ではデイサービスのリハビリからアスリートのパフォーマンスアップまで幅広く利用されています。利点としてはジムで鍛えられない部分を効率よく鍛える事ができる事、体重の負荷を分散する事で身体のストレスを軽減し怪我の防止にも繋がります。

レッドコードトレーニング

神戸市東灘区御影にある整骨院KAI御影院ではin body検査機器という体組成計を使用して、患者様の筋肉量や筋肉の活性化度合いを確認します。その結果によってトレーニングの必要な方には治療とトレーニング、必要のない方には治療を提供し、腰椎すべり症症状の出ないお身体作りを提供致します。

腰椎すべり症と診断され、手術を勧められたのですが、手術をしたくありません、手術をしなければいけませんか?
症状が軽度の場合は、身体のバランスを整えたりインナーマッスルの強化を行う事で症状が改善する事が多い為、一度保存療法という形で施術してみる価値はあるかと思います。当、整骨院としましても様々な症状の方を診てきておりますので保存療法で難しい場合はお伝えさせて頂きます。
何回程の治療で症状が改善されますか?
状態にもよりますが、軽い症状であれば5,6回の治療で効果を感じて頂ける方が多いです。治療は背骨・骨盤矯正治療、鍼灸治療を行い痛みの軽減、改善を行います。しかし、腰椎すべり症症状の場合、腹部周りのインナーマッスルが原因でおきることも多いため、症状の改善にトレーニングを行う必要のある方もいます。その際は治療と併行してトレーニングを行う事で根本的な症状の改善を図ります。

整骨KAI御影院 院長 池田祐介

執筆者:柔道整復師 整骨KAI御影院 院長 池田祐介

最高のホスピタリティを提供する事、施術を受けられた方に驚きと感動を与え続けることを常に心がけております。

詳しくはこちら