鍼灸

このようなお悩みはありませんか?
鍼治療
  1. 肩こり、腰痛、頭痛がつらい
  2. 手先、足先までピリピリとシビレ(神経痛)がある
  3. 寝違えになってしまい首も回らない
  4. ぎっくり腰になって動くのも痛い
  5. 慢性的な痛みに悩まされている

鍼灸治療にはこんな効果が!

鍼灸施術

鍼治療では、様々な痛みに対して負担を和らげる効果が期待できます。

鍼を刺した時にトーントーンという奥から響いてくるような刺激があります。この刺激の影響によって分泌される成分には痛みを抑える効果があります。また痛みが脳に伝わる前に神経伝達をブロックすることで痛みを緩和させる働きもあります。

鍼治療には自律神経にも良い影響を与えることが証明されています。鬱の症状やストレスに対して効果的なので、心理的に改善を図りたい方にもおすすめできる施術です。

鍼灸治療と聞けば「痛いのでは?」と思われる患者様もおられますが、痛みはほとんどございません。
使用する鍼は髪の毛ほどの細さの物を使用しますので出血もありません。痛みが心配な患者様にも安心して施術を受けていただけます。

鍼は、滅菌済みのディスポーザブル鍼(1回きりの使い捨て鍼)を使用しておりますので、 感染等の心配もなく安心して施術を受けることができます

適応疾患

肩こり・寝ちがい・頭痛・五十肩・腰痛・坐骨神経痛・こむら返り・膝痛・耳鳴り・捻挫・肉離れ・生理痛・更年期障害など

痛みイラスト

鍼灸施術方法

鍼灸施術風景

当院で行う鍼灸治療はトリガーポイントを中心とした治療法です。

トリガーポイントとは発痛点とも言い、筋肉のコリや痛みが最も強い場所のことを言います。
このトリガーポイントが痛みの引き金(トリガー)となり症状が出る事が多くあります。

長時間のデスクワークでの同じ姿勢や、トレーニングなどで筋肉に負荷をかけ過ぎると筋肉が傷つき、筋肉痛の様な状態になります。
通常であれば、筋肉痛は数日で回復しますが、筋肉痛の状態にさらに負荷を与え続けると筋肉の血行が悪くなり、筋肉が収縮したままもとに戻らなくなって硬くなり、痛みを発し続けるようになります。
この状態になっている部位で力を加えると周辺の組織まで強い痛みを与える部分があります。

その部分をトリガーポイントといいます。
トリガーポイントが生じると、筋肉の緊張が強くなり動く範囲も制限れてしまいます。

トリガーポイントを放置してしまいますと、トリガーポイントによる関連痛が他の部位にも広がり。新たなトリガーポイントを発生させてしまうことにつながり、症状が悪化することや長引く原因になります。

そうならないためにも、トリガーポイントは早期に解消することが重要になります。

お客様の声

  • 「全幅の信頼を寄せています。」 神戸市東灘区 N様 40代 女性

    「全幅の信頼を寄せています。」 神戸市東灘区 N様 40代 女性 「全幅の信頼を寄せています。」 神戸市東灘区 N様 40代 女性

    ぎっくり腰と右手親指の腱鞘炎を鍼施術をしていただきました。

    以前住んでいた長野市で鍼施術と出会い、ぎっくり腰は鍼と思っていたので神戸でもいい先生にお会いできてよかったです。腱鞘炎も鍼で良くなるとはびっくりしました。全幅の信頼を寄せています。

    今後はぎっくり腰が再発しないよう予防の為に通わせていただきます。

    ※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。