何度も繰り返すぎっくり腰 根本治療

2022年04月1日

今までぎっくり腰を経験されたことがある方の中で何度も繰り返してしまう方は少なくないのではないでしょうか?

季節の変わり目や寒暖差、新生活などでストレスや重たいものを持つ機会が増えると気を付けていてもぎっくり腰をされてしまう方も多いのではないかと思います。

ということで今回はぎっくり腰とはなんなのか?その原因から東灘区御影にある整骨院KAIではどのような施術を行っているか、対処法やしてはいけない事についてご紹介しようと思います。

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛」と言います。その名の通り急激な動作によって腰の関節や筋肉、靭帯が損傷し痛みやしびれ、ひどい場合は歩行も困難になることもあります。

ぎっくり腰の主な原因

急に起こると言っても原因は普段の姿勢や生活習慣、筋肉量や身体の柔軟性が関係してきます。デスクワークや最近ではリモートワークが増え運動不足による筋力、柔軟性低下。さらに長時間同じ姿勢から体勢を変えた時、中腰で作業を行っている時など様々な原因があります。

よく聞く原因はというと重たいものを持つ際に前かがみになった時やお辞儀をしたとき、くしゃみや寝返りをうった時などなんてことない動作で身体が耐えきれず痛めてしまいます。

  ぎっくり腰の根本治療の為の改善策、東灘区御影にある整骨院KAIでの施術

ストレッチ等で股関節をはじめ身体の柔軟性を高めていくのはもちろん、+αで根本治療のためにインナーマッスルを鍛え安定した腰回りにしていくことも重要です。
それだけでなく生活習慣から変えていく必要があります。具体的には仕事中から同じ姿勢を続けない事やストレス解消、お風呂に浸かったり運動を日常に取り入れるなど簡単なことからで大丈夫です。

東灘区御影にある整骨院KAIではぎっくり腰の根本治療で鍼灸やハイボルテージという特殊な電気を用い痛みの緩和しアイシング等で炎症を抑えていきます。
全身の筋肉・骨格の調整や骨盤矯正で痛み、動きを改善させていきます。再発予防のためにインナーマッスルを鍛えることが重要だとお伝えしましたが、当院では施術だけでなくレッドコードやコアレという特化した器具、機械がございますので運動してもらいギックリ腰を繰り返さないお身体を目指して頂きます。

もしぎっくり腰になってしまったら根本治療するための対処法やしてはいけなこと。

まずぎっくり腰になると痛めた部分に炎症反応が起こり熱を持ちます。個人差はありますが72時間ほど続くと言われているので3,4日はお風呂などにはいらず身体を極力温めないで、氷で10分間冷やしてください。痛みが強いと思いますのでストレッチ等はあまりせず負担をかけないようにしてください。ですがあまりにも長い時間安静に動かずにいると以前よりも筋力が低下してしまう為、可能であれば徐々に運動していきましょう。
こういった判断は難しくわからない方も多いと思いますし、
程度によりますが不安なく過ごせるまで数日から数週間かかります。
放置しているより整骨院等で処置した方が回復も早いので是非東灘区御影にある整骨院KAIにお電話いただけたらと思います。

整骨院KAIのホームページはこちら

関連記事